サイトメニュー

大きな環境の変化が原因

女性

体調不良も要因になります

うつ病は代表的な精神疾患なので、誰でも罹る可能性がある病気です。うつ病の原因は解明されていない部分もありますが、就職や結婚、出産、進学などで環境が大きく変わり、精神的に緊張したり、不安を感じやすくなります。健康な人の場合は一時的に気分の落ち込みがあっても、数日を経過すると回復しますが、うつ病に罹ると3週間以上気分が優れない状態が続きます。高齢者の場合は病気による体調不良、配偶者や身内との死別などがきっかけで発病することもあります。うつ病の患者は脳内のセロトニンが不足しがちなので、起床をした時は雨戸を開けて日光を入れたり、蛍光灯などを点けたりするのもお勧めです。寒い時期になると日照時間が短くなるため、冬季うつの症状が出ることもあります。寒い時期だけ憂鬱な気分が続いたり、過眠や過食などで悩んでいる人は、冬季うつの可能性があります。気になる症状が見られる時は、精神神経科の病院を受診して、カウンセリングや投薬の治療を受けることも大事です。不眠が見られる場合は昼夜が逆転することもありますが、なるべく朝型の規則正しい生活を心掛けることで、病気の回復を速める効果があります。うつ病の原因は離婚や金銭問題などのマイナスな要因が原因になることもありますが、結婚や出産、昇進などのおめでたいことがきっかけで、発症することもあります。真面目で几帳面な人が罹りやすいですが、ストレスに弱かったり、頼まれると断れないタイプもストレスを溜めやすい傾向があります。脳内のセロトニン不足やストレスなどが原因です。うつ病は意欲や気力が低下して、家事や仕事の効率が下がってしまったり、外出を避けたり、電話にも出なくなることもあります。精神神経科の病院やクリニックは、以前に比べると通院しやすい環境が整っており、うつ病の人が十分に療養ができるのが特徴です。家族の協力が得られる場合は、住み慣れた自宅から通院の治療を受ける人が多いです。比較的症状が軽い場合は、通勤や通学を続けながら治療ができるケースもあります。学校や職場の人間関係がストレスの原因になっている場合は、一時的に休学や休職を勧められることもあります。精神神経科の病院やクリニックでは、時間を掛けてカウンセリングが受けられるので、不安や悩み、日常で困っていることなどを伝えて下さい。抗うつ剤や抗不安薬、睡眠導入剤などを処方してくれるので、まずは3か月から、6か月ぐらいは続けることが大事です。最初から強い薬を処方されることはなく、経過観察をしながら、薬の量を調節してくれます。抗うつ剤には即効性はありませんが、根気よく続けることで回復を速める効果があります。医師が診察を行い、入院が必要だと判断した場合は、必要な書類を提出して入院の手続きを取ることが大事です。精神神経科の病院では、24時間医療従事者が在籍をしており、体調が良くない時もすぐに対応をしてもらえます。自宅では家事や育児が忙しく、十分に休息ができない場合は一時的な入院治療は大変有効です。信頼できる病院を選ぶと、経験豊富な医療スタッフが在籍をしており、電気けいれん療法や認知行動療法なども受けられます。

Copyright© 2018 ストレスが原因の病気【うつ病を発症してしまったら】 All Rights Reserved.