サイトメニュー

安全性の高い薬を処方する

カウンセリングを受ける男性

早期に治療を受けましょう

うつ病に罹ると考え方が悲観的になり、マイナス思考になりがちですし、気力や意欲が低下して学校の成績が低下したり、仕事や家事などでミスが多くなります。環境的な要因や体調不良、孤独などが原因で過度なストレスが掛かると、誰でも罹る可能性のある精神疾患のひとつです。統合失調症などの病気のとは違い、本人に病識があることが多いため、精神神経科のクリニックや病院を早めに受診することが大事です。憂鬱な気分が3週間以上続いたり、間違った考え方をしてしまう時は、カウンセリングなどの精神療法を受けたり、内服薬を処方してもらうことで、辛い症状が改善することが多いです。精神神経科のクリニックや病院は、以前に比べると通院しやすい環境が整っています。通院の負担を減らすためには、なるべく自宅から近い所を選ぶことも大事です。最初から強い薬を処方されることはないので、まずは1か月から、3か月は薬を続けることが大事です。抗うつ剤は即効性はありませんが、しばらく続けることで気分が良くなってきます。初めて精神神経科に通院をする人は、抵抗を感じる人も存在しますが、完全個室で診察が受けられるので、プライバシーは厳守してもらえます。精神神経科の病院やクリニックでは、経験豊富な医師や看護師、薬剤師が在籍をしているため、薬の効能や副作用についても説明をしてくれますし、服用の方法も指導をしてくれます。持病のある人は薬との相性が悪い場合があるため、お薬手帳を必ず持参して下さい。地元で評判の高い病院やクリニックでは、数多くのうつ病患者が回復をしており、学校や職場に復帰している人も多いです。学校や職場などでストレスを感じている人は、通勤や通学をする前に頭痛や動悸、めまいなどの体の不調が見られることがあります。仮面うつ病は精神的な症状が比較的少なく、体調不良を感じて医療機関を受診すると、診断されることが多いです。従来のうつ病は気分の落ち込みや喜びの喪失、意欲や気力などの低下が見られますが、非定型うつの場合は、喜びの喪失などは比較的少なく、自分の好きな趣味や娯楽を楽しんでいる時は症状が改善することがあります。非定型うつの場合でも、従来のうつ病のような症状も見られますが、少し違った症状も出るため、過食や過眠などで悩んでいる場合は精神神経科のクリニックを受診して下さい。うつ病にも様々な種類があり、人によって症状の重さにも違いがあるため、問診やカウンセリングなどは大変重要になってきます。主婦の場合はお子様の進学問題や両親の介護、配偶者の退職などで、大きなストレスが掛かることが多いため、30代から、40代になってから、発症をすることもあります。男性の場合は働き盛りの30代から、50代ぐらいの年代に多い傾向があります。一般的なうつ病は中高年に多く見られますが、非定型うつは比較的若い10代、20代に多い傾向があります。精神神経科の病院やクリニックでは、内服薬による治療が中心になりますが、症状が重い場合は一時的に入院をすることで、ストレス環境から離れることが出来ますし、規則正しい生活を身に付けることが出来ます。内服薬の効果を高めるには、十分な休息や睡眠が必要です。

Copyright© 2018 ストレスが原因の病気【うつ病を発症してしまったら】 All Rights Reserved.