サイトメニュー

カウンセリングを受ける男性

安全性の高い薬を処方する

うつ病は環境的な要因や、体の不調などが原因で、過度なストレスが掛かると発症することがあります。早期に病気を発見して、適切な治療を受けることで学校や会社に復帰をしている人も多いです。精神神経科の病院は、経験豊富な医療スタッフが在籍しています。

詳しく見る

女医

治療を円滑に進める

うつ病に罹る可能性は誰にでもあり、患ってしまったのならば、効率性のある療法を試すことがポイントになります。また、治療だけに通うのは勿体ない話で、院内ではうつ病に関連する様々なイベントを開催しており、活用することで完治を目指せます。

詳しく見る

女性

大きな環境の変化が原因

うつ病は代表的な精神疾患なので、誰でも罹る可能性があります。精神神経科の病院は、以前に比べると通院しやすい環境が整っています。病気の原因は脳内のセロトニン不足、環境の変化、加齢による体調不良などがあります。

詳しく見る

うつの克服方法

女性

種類や治療方法について

うつ病は、脳の一部が異常をきたし発症してしまう精神疾患の一つです。心で抱えきれない大きなストレスが続くことによって起こることがほとんどであり、ストレス社会の現代、患者数は徐々に増えてきていると言われています。うつ病の特徴の一つとして、三大欲求のバランスの低下ということが挙げられます。夜眠れなくなる、または朝起きられなくなる、過睡眠などの睡眠障害を始め、性欲の低下、過食、拒食を繰り返すなどの摂食障害などはよくある症状の一つです。その理由は、うつ病による自律神経の乱れにあります。脳にある自律神経が乱れると、人としての基本的欲求のバランスが崩れてしまうようになり、上記のような症状をもたらします。その他にも、激しい動悸が続く、めまいや吐き気が続く、自己嫌悪や自己否定の感情が湧いてくる、憂鬱感、倦怠感を常に感じるなども特徴的な症状の一つです。これらも、自律神経の乱れが原因によって起こります。このような症状が慢性的に続く場合、うつ病であることを疑いすみやかに専門病院へ行くようにしましょう。また、うつ病はストレスが原因で引き起こることがほとんどですが、中には出産後のホルモンバランスの乱れが原因で女性に引き起こる産後うつ、季節の変わり目の気圧の変化によって引き起こる季節型うつなどの種類もあります。これらの種類の場合、産後のホルモンが落ち着いたり、気圧の変化がなくなり季節が安定したりすると自然に治ることもあります。しかし、原因は違えど、苦しい症状に悩まされることは同じです。気づいたときに早めに病院へ行くことが重要です。うつ病を発症してしまったら、自力で治すというのは非常に困難です。きちんと病院へ通い診察してもらい、適切な方法で治療を続けることで、完治させることが出来ます。病院へ行く場合は、精神科や心療内科を受診しましょう。問診や血液検査などによって、うつであるかどうか、またその症状の重さなどを細かく診察してもらい、治療方針を決定していきます。基本的に、うつ病の治療は抗うつ剤と呼ばれる薬の服用と、医師とのカウンセリングが主になります。抗うつ剤は、やる気の向上、気分の低下の抑制など様々な効果をもたらしてくれる特殊な薬で、幅広い種類があります。医師の診察のもと、適切な量、種類を処方してもらいますので、しっかり飲むようにしましょう。効果が現れるのには時間がかかるため、根気強く飲み続けることが重要です。費用は種類によって大きく異なりますが、2,000〜5,000円程度が一般的です。診察費と含めると、ひと月にかかる金額は5,000〜10,000程度になると覚えておくと良いでしょう。またカウンセリングでは、現在の症状や薬の効果、プライベートや仕事での悩みなど様々なことを医師と対話し、コミュニケーションを取ります。人と話すということはそれだけでも立派な治療になりますので、こちらも根気強く続けることが大切です。この二つの治療を基本として続け、症状が軽い場合は半年程度で回復が見込めることがあります。ただし症状が重い場合は1年以上治療を続けなくてはならないこともありますので、諦めずに焦らず治療をしていくことが大切と言えます。

Copyright© 2018 ストレスが原因の病気【うつ病を発症してしまったら】 All Rights Reserved.